腰を柔らかくする方法

・「背中と腰を柔らかくしたい」という新体操やバレエ、ダンスなどのスポーツをしている方

 

・「腰痛で腰や背中がガチガチ・・・柔らかくしたい」という方

 

どちらの方も必見の腰を柔らかくする方法をお伝えします。

 

通常のストレッチとは違う、最新の理論でプロスポーツ選手も成果を出しているメソッドです。

 

写真が今回紹介する方法をプロが行った実例です。

腰が柔らかくなった実例

 

しっかり実行することで、これだけの変化が期待できます。

 

私もデスクワークや施術が続き、腰が硬くなったと感じたときに、今回紹介する方法行い柔らかい腰を手に入れました。

 

ですのでぜひ、今回紹介するセルフ整体を行い、柔らかい腰を手に入れてください。

 

腰と背中の筋肉

 

大腰筋

 

大腰筋は腸腰筋という小腰筋、腸骨筋、大腰筋の3つで構成されている筋肉の1つです。

 

大腰筋の場所は、背骨の真ん中より少し下から出ていて、骨盤の前を通って太ももの内側(小転子)についています。

 

慢性腰痛や腰を反らすと痛いという腰痛や肩こりや首こりの原因は大腰筋の拘縮です。

 

それ以外の腰痛にも必ずと言っていいほど大腰筋が関連しています。

 

また「腰をもっと反らせるようになりたい」という方も、腰を反らすときに大腰筋が伸ばされるので、大腰筋がゆるみ伸縮性が増すと痛みがなく腰を反ることができ、可動域も増します。

 

広背筋

 

広背筋は背中の腰部および胸部下半分を覆う三角の形をした筋肉で、体を反らすときやひねるときに作用します。

 

背中の表面がガチガチに固いという場合は、広背筋が固まっていることが考えられます。

 

前かがみになると腰が痛いという場合は、広背筋が拘縮し伸縮性が失われていることが原因の場合が多いです。

 

広背筋をゆるめることで、背中の表面が柔らかくなります。

 

腰方形筋

 

腰方形筋は背骨の下の方(L1からL4)の横側にある筋肉で、体を横に倒すとき(側屈)に作用したり、姿勢を維持する働きもあります。

 

腰の下の横の方が硬いという方は、腰方形筋が硬くなっている可能性が高いです。

 

体を横に倒すときに腰が痛むというのは、腰方形筋が拘縮し伸縮性が失われているためです。

 

腰方形筋をゆるめることで、側屈の可動域が増し、腰の下の部分も柔らかくなります。

 

脊柱起立筋

 

脊柱起立筋は胸最長筋、胸棘筋、胸腸肋筋、腰腸肋筋などの総称です。

 

腰や背中が硬いとき、表面ではなく奥の方の筋肉が硬いと感じる場合は、脊柱起立筋が硬いということです。

 

背中や腰が硬く、広背筋をゆるめても硬さが取れない場合は、脊柱起立筋をゆるめることで背中や腰が柔らかくなります。

 

腰が硬くなる原因

 

大腰筋の拘縮

 

大腰筋の拘縮で姿勢が悪い

 

背中や腰の筋肉が硬くなるのは、大腰筋の拘縮が大きな原因の1つです。

 

大腰筋が縮むことで背骨が前側(お腹側)に引っ張られ、猫背になります。

 

猫背になると、バランスを保つために広背筋などの腰や背中の筋肉に負荷がかかり続け、筋肉が過緊張を起こし硬くなります。

 

そのため、腰や背中を柔らかくするには、大腰筋をゆるめて意識しなくても姿勢が良くなる体の状態にし、腰や背中に負荷がかからないようにすることが重要です。

 

無理なストレッチ

 

間違ったストレッチ

 

腰が硬くなる原因は筋肉が縮んでいるからです。

 

力こぶを想像していただければわかりますが、筋肉というのは縮むと太く硬くなります。

 

では縮んだ筋肉を伸ばして腰を柔らかくするには、ストレッチのように物理的に伸ばせばいいかというと、そうではありません。

 

筋肉には筋紡錘という筋肉の伸び縮みを感知しているセンサーがあります。

 

筋肉が無理に伸ばされると筋肉がちぎれるのを防ぐため、筋肉に対して「収縮せよ」という信号をだします。

 

そしてこの反応が伸張反射によって起こるため、「収縮せよ」という信号が出続けてしまい、筋肉は縮んだままになってしまいます。

 

ストレッチで無理に筋肉を伸ばすとこの反応が起こり、これが広背筋や脊柱起立筋、腰方形筋で起きた場合は腰や背中が硬くなります。

 

食生活の問題

 

カップラーメンを食べている

 

カルシウムは筋肉を収縮させる作用があり、マグネシウムは筋肉を弛緩させる作用があります。

 

カルシウムとマグネシウムは1:1で摂るのが、望ましいのですが、現代の日本人の食事はマグネシウムが圧倒的に足りていません。

 

マグネシウムが不足して筋肉が収縮し、背中や腰がガチガチに硬くなっている場合もあります。

 

腰を柔らかくする方法

 

整体で背中と腰が柔らかくなる

 

新体操やバレエ、ダンスにも効く!セルフ整体で腰を柔らかくする

 

腰を柔らかくするセルフ整体をご紹介します。

 

この方法は通常のストレッチとは違い、筋肉を縮ませて90秒保ちます。

 

筋肉を縮ませることにより、筋紡錘という筋肉の伸び縮みを感知しているセンサーに「筋肉が収縮している」ということを伝えるのです。

 

そうすることにより「収縮せよ」と出ていた信号が解除され、縮んでいた背中や腰の筋肉がやわらかくなるのです。

 

順番としては大腰筋をゆるめ、その後に広背筋や脊柱起立筋、腰方形筋をゆるめるのが腰を柔らかくするのに効果的です。

 

背中と腰が硬くなる原因の大腰筋を柔らかくするストレッチ

 

大腰筋をゆるめることで、姿勢が自然に良くなるため、背中や腰にかかる負荷が減り、背中や腰が柔らかくなります。

 

大腰筋のセルフ整体の方法は「大腰筋のストレッチで腰痛を改善する方法。」で詳しくご紹介しています。

 

背中の表面(広背筋)を柔らかくするストレッチ

 

広背筋をゆるめることで、背中の表面が柔らかくなります。

 

 

①柔らかくする方の広背筋を下にして横向きに寝る。

 

②広背筋をリラックスさせ、体を後ろにひねる。

 

③広背筋がゆるんだ状態を90秒保つ

 

④広背筋に力が入らないように、ゆっくりと姿勢を戻す

 

腰の下の方(腰方形筋)を柔らかくするストレッチ

 

前かがみになると腰が痛む方や側屈の可動域を広げたい場合にもおススメです。

 

 

①足を後ろに引くなどして、腰を少し後ろに倒す

 

②柔らかくする腰方形筋の方に体を横に倒す。(左の腰方形筋の場合、左に体を倒す。)

 

③腰方形筋をリラックスさせ、②の姿勢を90秒保つ

 

④柔らかくする腰方形筋に力が入らないように、ゆっくり姿勢を戻す

 

筋肉を弛緩させる働きのある栄養をとる

 

マグネシウムの多い食事

 

マグネシウムは筋肉を適切に弛緩させる働きがあるため、腰を柔らかくなることが期待できます。

 

マグネシウムが多く含まれる食品は、あおのりなどの海藻類、しらすなどの小魚、貝類、納豆、味噌、ナッツ類、ごまなどです。

 

またビタミンB群やビタミンEやレシチンなど腰を柔らかくするには栄養状態の改善が非常に重要です。

 

腰の筋肉の固さは、栄養状態が非常に大きくかかわっており、栄養状態の改善することが、腰を柔らかくするには非常に重要です。

 

適度に体を動かす

 

ウォーキング

 

やはり体を全く動かさないと筋肉は固まってしまいます。

 

特に、デスクワークなど座りっぱなしは背中や腰が固まってしまいます。

 

腰を柔らかくするには、ラジオ体操のような軽い動きをすることがおススメです。

 

またデスクワークや車の運転などで座りっぱなしの姿勢が続く方は、1時間に1度休憩を取り、体を動かすと腰を柔らかく保つことができます。

 

初動負荷トレーニング

 

イチロー選手など一流のプロアスリートが行っている初動負荷トレーニングも行うと腰が柔らかくなります。

 

私も初動負荷トレーニングを行っていますが、トレーニングが終わった後は背中や腰が柔らかくなります。

 

ただし、これは初動負荷トレーニングのマシンがないとできないのが難点です。

 

近くに初動負荷トレーニングの施設がある方にはおススメです。

 

ヨガやストレッチ

 

筋肉がゆるんだ状態であれば、ヨガやストレッチも腰を柔らかくするのに役立ちます。

 

ただし、筋肉がゆるんでいない場合は効果が出づらいです。

 

筋肉がゆるんでいる場合でも、無理して筋肉を伸ばそうとしないことが大事です。

 

あくまで気持ちいいと感じるくらいで止めることが大事です。

 

それ以上筋肉を伸ばすと筋紡錘から「収縮せよ」という信号が出て、背中や腰の筋肉は硬くなってしまいます。

 

ヨガやストレッチをする場合は、今回紹介したセルフ整体と交互に行うことをおススメします。

 

マッサージ

 

腰の張りを解消するマッサージ

 

根本的な改善にはなりませんが、筋疲労で筋肉が硬くなっている場合は背中や腰の筋肉が柔らかくなります。

 

ただし、慢性的に腰が硬い人には効果がありません。

 

また、ソフトなマッサージじゃないと、余計に腰は硬くなってしまいますので、ご注意ください。

 

なかなか腰が柔らかくならない場合やもっと成果を出したい場合

 

今回紹介したことを試しても、なかなか腰が柔らかくならない場合やさらに成果を出したい場合は体内の酸化を還元することを重点的に行うことをおススメします。

 

疲労や食生活の乱れやストレスや薬の服用などにより、体が酸化していると、体内で正常な化学反応が起きづ、ストレッチなどをしても腰が柔らかくならない場合が多くあります。

 

酸化を還元する方法はいろいろありますが、私が試した中で、最も効果を感じたのが滝風イオンメディックというマイナス電子がでる機械です。

 

酸化に対して、マイナス電子は究極の還元材ですが、滝風イオンメディックはマイナス電子が滝の2000倍も出ています。

 

当院で腰を柔らかくしたい、という方に対しても大きな成果が出ています。

 

故障もしづらく、一生もので、整体やマッサージにいくよりもコスパに優れているので多少高いと感じる方もいるかもしれませんが、非常におススメです。

 

滝風イオンメディックのホームページ

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

腰が柔らかくなることで、自律神経の通りがよくなり、内蔵の働きも良くなるなど体全体の調子がよくなることが期待できます。

 

紹介したストレッチをやったりしても腰が柔らかくならない場合は、プロの施術を受けるか酸化還元を徹底的におこなうことをおススメします。

 

ぜひ、ふわふわに柔らかい腰を手に入れて、快適な毎日を過ごしてくださいね。

 

千葉市稲毛区の整体院グラッドウェル稲毛店の詳細はコチラ

 

松戸市にある整体院グラッドウェル新松戸店の詳細はコチラ