いつまで経っても腰痛が治らない5つの原因。-グラッドウェルのブログ記事です。

いつまで経っても腰痛が治らない5つの原因。

腰痛でずっと苦しんでいる方はホントに多いです。

 

私は千葉市と松戸市で整体院を運営しておりますが、腰痛改善のために、全国から何時間もかけて来られる方や泊りで来られる方も多くいます。

 

しかし、しっかりとご自身で知識を持っていただければ、長年苦しんできた腰痛も改善します。

 

大事なのは、治療家任せにしないこと。

 

自分でも知識を持つことが大事です。

 

腰痛がなかなか治らず、苦しんでおられる方はぜひ、この記事をしっかり読んで、実行し、腰痛を改善させてください。

 

腰痛が治らない5つの原因

 

慢性腰痛に悩む女性

 

これから腰痛が治らない5つの原因について書きます。

 

腰痛は複合的な要因でなりたっています。

 

ですので、巷でよく言われる「骨の歪みを正せば腰痛は治る」とか「このストレッチをすれば、腰痛が治る」といった、単純なものではありません。

 

ですので、5つとも全て大事ですので、全て実行してみてください。

 

完璧を目指す必要はありません。

 

ただ、知って、できることはやってみてください。

 

大きく結果は変わってくるはずです。

 

腰痛の原因のとらえ方が間違っている

 

まず、大事なのが、腰痛の原因について知ることです。

 

ほとんどの方が腰痛の原因のとらえ方が間違っています。

 

まず、結論から先に言うと、約90パーセントの腰痛の原因は血行不良です。

 

一部、内蔵などの不調により、腰痛が起こることもありますが、内蔵の不調による腰痛は圧倒的に少なく、ほとんどの場合は、血行不良が腰痛の原因となっています。

 

血行不良になると、血液が栄養や酸素を運んでいるため、酸欠になります。

 

酸欠になると、その危険を脳に知らせるために、ブラジキニンという痛み物質が出て痛みがでます。

 

ですから、治療などを受けなくてもお風呂などに入って、血行が良くなると痛みが緩和される方は多いです。

 

また、朝、腰痛が一番ひどく、日中動き始めると痛みがおさまってくるという方が多くいるのも、寝ている間は体温も低く、体も動かしていないために血行が悪く、動きだすと体が温まり、血行が良くなってくるからです。

 

腰痛の原因として、よく言われるのが、

 

①背骨の椎間板が飛び出て、神経を圧迫しているから

 

②背骨が歪んでいるから。

 

③骨盤がずれているから

 

④腹筋、背筋などの筋力が足りないから

 

の4つです。

 

しかし、この4つはどれも間違っています。

 

まず、①の背骨の椎間板が飛び出て、神経を圧迫しているからについて、ですが、神経というのは圧迫されても痛みはでません。

 

例えば、足の裏にも神経はありますが、歩く度に、神経が圧迫されて痛みがでるなんてことありませんよね?

 

また、神経の圧迫が腰痛の原因であれば、椎間板ヘルニアの手術をして、神経の圧迫を取れば、腰痛は改善されるはずですが、腰痛が改善しないケースがほとんどです。

 

そして②の「背骨が歪んでいるから腰痛」というのは①と同様、背骨が歪んで神経を圧迫しているからというところに由来しているのですが、神経の圧迫と痛みは関係ないため、これも間違っています。

 

また③の骨盤の歪みは腰痛の原因ということに関しては、何ら根拠がありません。

 

また②と③の骨の歪みと骨盤の歪みに関して共通して言えることは、骨に動く力はなく、骨についている筋肉が縮んで骨が引っ張られて、骨がずれていくので、骨だけに着目しても意味がなく

、骨や骨盤がずれた(歪んだ)筋肉に着目をしなければならないのです。

 

また④の「腹筋や背筋などの筋力不足が原因」ということに関しては、

 

・ボディービルダーやスポーツ選手、日々ジムなどに行って筋トレなど鍛えている人でも腰痛の人は多く存在する

 

・運動をまったくせず、筋力がない人でも腰痛がない人も多くいる。

 

・腰痛改善のために、筋トレをするように指導され腹筋や背筋を鍛えたが一向に良くならない、あるいは余計悪化する人ばかり。

 

という点からして、腰痛の原因は腹筋や背筋などの筋力不足からではないということが明らかです。

 

このように腰痛の原因のとらえ方が間違っていると、対処法も当然間違ってしまうため、まずはあなたがしっかりと腰痛の原因を把握することが大事なのです。

 

対処法が間違っている

 

腰痛の原因は血行不良が原因であることを始めに書きました。

 

では、血行不良の原因はというと、

 

・筋肉が縮み、力こぶのように太く硬くなり血管を圧迫している。

 

・食事内容が悪く血液がドロドロで流れにくい

 

・鉄分などが不足しそもそも血液の量がすくない。(特に女性に多い。)

 

というのが大きな原因です。

 

ですので、筋肉をゆるめ、食事や栄養に気をつければ腰痛は改善していきます。

 

しかし、ほとんどの場合、腰痛の原因のとらえ方が間違っているため、対処法も間違えてしまいます。

 

また原因を正しくとらえていても、対処法が間違っているケースも多くあります。

 

腰痛の改善のために、よく行われるのが、

 

①ストレッチ

 

②マッサージ

 

③投薬や湿布

 

④骨の歪みや骨盤の歪みを正す。

 

ということです。

 

ストレッチ

 

ストレッチ

 

まず、①のストレッチですが、一般的な筋肉を伸ばして何秒間か保つというストレッチをしたからといって、縮んだ筋肉は伸びません。

 

むしろ、頑張って伸ばせば、伸ばすほど、筋肉は縮んで腰痛が悪化することもあります。

 

それはどういうことかというと、筋肉には筋紡錘という筋肉の伸び縮みを感知しているセンサーがあります。

 

筋肉が無理に伸ばされたときには、筋肉がちぎれたり、損傷したりするのを防ぐために、筋肉に対して「収縮せよ」という信号を出し、筋肉は縮んでしまいます。

 

ですので、ストレッチやヨガなどで腰痛が悪化するというケースは多くあるのです。

 

また、悪化まで行かなくても、腰痛の方には効果をかんじていないのに、ストレッチを頑張ってやり続けている方がいますが、1ヵ月や2カ月やって効果を実感できないものは、効果がないということなので、今やらているストレッチはやめましょう。

 

マッサージ

 

腰の張りを解消するマッサージ

 

また、②のマッサージについてですが、マッサージでは腰痛は改善しません。

 

マッサージは筋肉を刺激して、血流を良くする効果がありますが、その効果はその場だけのものです。

 

マッサージで筋肉がゆるむと考えてる方がいますが、時間が経つと筋肉はまたスグ固くなります。

 

むしろ「もみ返し」という言葉があるように、筋肉はもまれたり、強い刺激を加えられると、自分の体を守ろうとして余計に固くなります。

 

ですので、リラクゼーション目的でマッサージに行くのはいいと思いますが、腰痛を根本的に改善させるためにマッサージに行っても腰痛は改善しません。

 

投薬や湿布

 

腰痛の薬

 

投薬や湿布は痛みなどを抑えるものであり、あなたの身体そのものが変わるわけではありません。

 

ですので、腰痛を根本的に改善しようとするなら、あなたの身体自身を変えていく必要があります。

 

骨の歪みや骨盤の歪みを正す

 

腰痛を改善するために、整骨院や整体に通われる方は多いですが、多くの整骨院や整体は腰痛の原因を骨の歪みと考えています。

 

腰痛の原因は骨の歪みではないのは、最初に述べたとおりです。

 

ですので、骨の歪みや骨盤の歪みを正しても、腰痛は改善しません。

 

栄養状態が悪い

 

カップラーメンを食べている

 

腰痛は複合的な要素が絡んでいます。

 

腕の良い治療家に見てもらったり、自宅でできる腰痛に効果的なセルフケアをすることは非常に重要です。

 

ですが、いくら高いお金を払って腕の良い治療家のところに通い続けたとしても栄養状態が悪かったり、生活習慣が悪いと、なかなか改善しないケースがあります。

 

私は整体院を運営していますが、同じ施術をしても改善スピードが人によって全然違います。

 

それは、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養状態が良いと筋肉の伸縮に必要な燃料であるATP(アデノシン3リン酸)がしっかりあるため、筋肉はゆるみやすく、施術をするとどんどん体が変化していきます。

 

それに対し、栄養状態が悪いと、筋肉の伸縮に必要な燃料であるATPが不足し、同じ施術をしているにもかかわらず変化のスピードが遅くなります。

 

睡眠の質や量が確保されていない

 

質の悪い睡眠

 

『SLEEP』(ショーン・スティーブンソン著)という本があります。

 

この著者はアメリカの栄養指導者で、どんなに食事指導しても改善されないケースがあり、睡眠の質を改善させることで、栄養指導の効果も出て体調の変化もみられたことが書かれています。

 

これと同じことが腰痛にも言えます。

 

私が整体師になって多くの人を見てきたなかで、いつも夜更かしをしている人や、夜勤などがあり、睡眠のリズムが乱れている人は改善が遅い傾向がみられます。

 

生活習慣が良くない。

 

喫煙

 

デスクワークが多い方や運転手などイスに座る時間が長い方は、それだけで腰に負担をかけています。

 

もちろん、お仕事ですから、デスクワークや長時間の運転自体はしょうがないのですが、1時間に1回立ち上がたりして、体を動かすだけでもだいぶ違います。

 

また、喫煙の習慣がある方は腰痛が改善しにくい傾向があります。

 

腰痛というと、腰だけに着目しがちですが、腰痛は腰だけでなく、体の状態が悪いということですので喫煙の習慣があり、腰痛を改善したい方はできるなら喫煙を辞めていただくのがベストです。

 

腰痛を改善するには

 

腰痛を改善するには、先ほどあげた腰痛が治らない原因を1つずつ解決していけば腰痛は改善します。

 

腰痛の原因が血行不良から来ていることを認識する。

 

筋肉が拘縮する仕組み

 

腰痛の原因は血行不良から来ていることを認識してください。

 

そしてその血行不良は筋肉が縮んで、太く固くなっていることに起因するということと、血液の量がすくないことや、血液がドロドロで流れにくいということに起因しているということを認識してください。

 

それだけで、あなたが療法を選ぶとき、正しい選択ができる確率が高まり、腰痛が改善する確率が高まります。

 

正しい療法を選択する

 

ストレスやマッサージなどが良くないことをお伝えしました。

 

ではどういった、療法がいいかというと1番のおススメはミオンパシーという療法です。

 

腰痛の原因は、筋肉が縮んで太く固くなり血管を圧迫していることが関係しているということをお伝えしましたが、これを解消できる方法を私はミオンパシー以外に知りません。

 

ミオンパシーとはストレッチとは逆で筋肉が縮む方向に姿勢を持っていき、その姿勢を一定時間保った後、ゆっくり姿勢を戻すという整体法です。

 

筋肉を縮む方向に持っていき一定時間保つことで、筋紡錘という筋肉の伸び縮みを感知しているセンサーに「筋肉が縮んでいる」ということを伝えるのです。

 

そうすると筋紡錘から筋肉に対して出ていた「収縮せよ」という信号が解除され筋肉が元の正常な状態に戻るのです。

 

ちなみに、当社が運営しているミオンパシーが受けられる店舗は千葉市と松戸市にございます。

 

整体院グラッドウェル新松戸店の詳細はコチラ

 

千葉市稲毛区の店舗で予約をご希望の方はコチラ

 

またセルフ整体といって、ミオンパシーを自分でできるように応用したセルフ整体を行うのもいいでしょう。

 

こちらに貼ったのが腰痛に一番関連がある大腰筋のセルフ整体の動画です。

 

腰痛の原因は大腰筋だけではないため、これを繰り返し行っても劇的には改善しない方もいるかもしれませんが、これだけで効果を実感する方も非常に多いのでぜひ、試してみてください。

 

 

栄養状態を改善する

 

 

栄養をしっかり摂る

 

 

 

腰痛は、複合的な要素が関係していますので、整体に行ったり、自分で筋肉をゆるめるだけでなく、食事に気をつけたり、サプリメントを摂るなどして栄養状態に気をつけてください。

 

特に、積極的に摂取していただきたいのがたんぱく質、鉄分、マグネシウム、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEです。

 

たんぱく質に関しては、人間の体は水分を除いたらほとんど、たんぱく質から出来ており、また消化酵素もたんぱく質から構成されており、たんぱく質が足りないとビタミンやミネラルを摂っても吸収率が悪くなります。

 

鉄分は血液の材料で腰痛は血行不良が原因ですので、鉄分の摂取は腰痛改善に非常に重要です。

 

またマグネシウムは筋肉を弛緩させる働きがありますし、ビタミンBはコリの原因でもる乳酸を処理分解する働きがあります。

 

ビタミンCは鉄分の吸収を高めたり、筋肉の伸縮に必要な燃料のATPの材料でもあります。

 

またビタミンEは血行を改善したり、細胞膜の透過性を高め、乳酸が出ていくのをたすける働きがあります。

 

睡眠の質を高める

 

朝腰が痛い女性

 

睡眠の質を高めることも腰痛を改善するうえで重要です。

 

また、睡眠の質を高めることで施術やセルフケアの効果が高まったり、栄養療法の効果を高まったりするため重要です。

 

まず、1番重要なのは夜更かしせず、なるべく早い時間に寝ること。

 

できれば、10時ごろには就寝につければベストです。

 

仕事の関係などで10時に寝ることは無理でもなるべく早く睡眠につくことをおススメします。

 

また睡眠の質も重要ですので、

 

・寝る前にカフェインを摂らない

 

・寝る前にスマホなどをいじらない

 

・日中に適度に体を動かす

 

・夕方以降に神経の高ぶりを鎮めてくれ筋肉の緊張をほぐしてくれるマグネシウムを多く摂取するようにする

 

など、質の高い睡眠をとれるようにしてみてください。

 

生活習慣を見直す

 

規則正しい生活リズム

 

日常生活で腰痛の悪化の要因になるものに対しては、可能なものは対策を練ってみてください。

 

例えば、デスクワークで1日中座りっぱなしの方は1時間に1回立ち上がり体を動かして、体が固まらないようにしたり、腰に負担のすくないイスに変えるなどです。

 

また、あまりにもストレスが多い生活習慣を送っている方は、なるべくストレスのかからないように対策するなどです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

腰痛はいくつかの要因が絡みあっており、夜更かしをしてジャンクフードばかり食べていては、頑張っていい整体院に通っても改善はしません。

 

また、頑張って整体院に通っても、その療法が腰痛に効果がないものであれば、通い続けても腰痛は改善しません。

 

腰痛を本気で改善したい方はぜひ、当院にお来しください。

 

整体院グラッドウェル稲毛店の詳細はコチラ

 

整体院グラッドウェル新松戸店の詳細はコチラ

 

施術はもちろん、栄養面や生活習慣などのアドバイスでトータル的にあなたの腰痛にアプローチします。

 

どこに行っても改善しなかった腰痛も劇的に改善するなど、実績多数です。

 

腰痛は治らないということはありませんので、正しいアプローチでぜひ、腰痛を改善させてくださいね。